お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD
powered by Yahoo! JAPAN
 

予防接種後の慢性疼痛*の相談窓口

医療者のための「予防接種後の小児の慢性疼痛*の相談窓口」について*CRPSを含む

2013年6月にHPVワクチンの積極的勧奨が見合わせとなって以来、HPVワクチンの接種者が減少しています。一方、HPV感染によっておこる子宮頸がんは、毎年多くの女性の健康と命を奪っており、その予防においてはワクチン接種がたいへん重要です。医療者は、HPVワクチン接種を推進し、多くの女性の健康や命を守らなければなりません。

今回、ワクチン接種後に見られた小児のCRPSを含む慢性疼痛は、ほとんどの小児科医をはじめとする接種医に知られていませんでした。ワクチンとの因果関係は調査段階であり、疼痛専門医でも詳細が分かっていないのが現状です。万一ワクチン接種後に慢性疼痛が現れた場合、医療者は検査・診療方法において少なからず不安を持つと考えられ、医療者のHPVワクチン接種を消極化する要因になりかねません。

これに対して、厚生労働省の研究班が、連携・協力医療体制を構築しました。ワクチン接種後の急性症状が軽快せず、痛みやしびれ等の症状が持続(目安として2~4 週間以内を越える)している被接種者に対して、痛みセンター連絡協議会に所属する医療機関の受診を推奨しています。
詳細は、厚生労働省事務連絡「子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種後の痛みの診療について」(2013年9月26日・10月11日付)をご参照ください。

一方、厚生労働省の用意した医療機関には、これまでこの慢性疼痛に対応してきた小児科医は参加しておらず、思春期の独特の問題との関連も注目されていないのが現状です。そこで、NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会では、経験のある小児科医による「医療者のための予防接種後の慢性疼痛相談窓口」を開設し、HPVワクチンに限らず予防接種後にみられた小児の慢性疼痛に関する情報を提供することとしました。

名称 予防接種後の慢性疼痛相談窓口
開設時期 2013年11月1日
対象 予防接種後の小児の慢性疼痛の患者さんを診療している医師
相談内容 慢性疼痛に関する検査・診療等の情報提供。相談費用は無料(通信費はご負担いただきます)。
相談担当 JR東京総合病院 副院長・小児科部長 奥山伸彦先生
受付担当 NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会 事務局
※相談受付は専用フォームのみとし、電話での対応は応じかねます。

※※なお、この相談窓口はNPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会の独自の取り組みであり、厚労省研究班との関連はありません。

相談までの基本的な流れ

お申し込み

  • 相談者は、ワクチン接種後の疼痛患者を診療している医療者に限ります。
  • 診療医ご自身がフォームから申込みください。
  • ワクチン接種後に疼痛症状が見られている患者さんご本人やご家族の方は診療医に申込みを依頼してください。

確認・受付

  • NPO法人NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会 事務局から、相談者に直接連絡します。
  • お申込みご本人に相談内容を確認したうえで、受付完了とします。
  • 相談者が診療医以外の場合は、対象外となります。あらかじめご了承ください。

相談方法の通知

  • 事務局から相談方法(相談担当医への連絡方法)をご案内します。
  • 相談者が対象外などで相談に応じられない場合は、メールにて連絡します。

個別相談

相談者から、相談担当医に連絡してください。

ワクチン接種後の疼痛症状が見られている方へ

当窓口は、医療者のための相談窓口です。ワクチン接種後に疼痛症状が見られている患者さんご本人やご家族の方は、診療医または接種医にご相談ください。

ご相談にあたっての注意事項

  • 予防接種後の慢性疼痛患者の診療医、接種医を対象とした相談窓口です。
  • 相談担当医は当窓口専属ではありません。相談時間、相談内容によっては応じられない場合があります。
  • 現在の症状に関する疾病名等の診断および予防接種との因果関係の有無、医療機関の責任の有無の判断はできません。
  • 利用状況につきましては、患者さんおよび相談者(診療医)の個人を特定できない形で公表する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 当窓口は、厚生労働省の“子宮頸がん予防ワクチン(HPV ワクチン)接種後の痛みの診療”の研究班との関係はありません。
  • 当窓口は、業務内容や受付方法等の変更または終了になる場合があります。あらかじめご了承ください。

受付担当

NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会 事務局
相談窓口に関するお問合せ: soudan@know-vpd.jp

「VPDを知って子どもを守ろう」の会について プライバシーポリシー