お友達に教えるサイトマップお問い合せ
KNOW!VPD
powered by Yahoo! JAPAN
 
赤ちゃんのB型肝炎ワクチン

世界の常識を、日本の赤ちゃんにも

WHO(世界保健機関)は、1992年、世界中の子どもたちに対して、生まれたらすぐにこのワクチンを国の定期接種として接種するように指示しており、ほとんどの国で定期接種になっています。これは、ユニバーサルワクチネーションといい、母子感染(垂直感染)、父子などからの乳児期の水平感染、性交渉での成人の水平感染を予防し、感染源の撲滅や肝硬変や肝臓がんなどによる死亡をなくそうとしています。
下のマップは、幼児期のB型肝炎ワクチン3回の接種率ごとに色分けしています。日本でも2016年10月から、やっと世界の国々の常識である「定期接種で3回」の仲間入りをすることになりました。

Immunization coverage with 3rd dose of HepB vaccines in infants, 2009

WHO 世界のB型肝炎ワクチン接種
出典:WHO(世界保健機関)Immunization coverage
with 3rd dose of HepB vaccines in infants,2009

「VPDを知って子どもを守ろう」の会について プライバシーポリシー